>

満足度が高いホテルに泊まるために注目すべき項目は決まっていた

食との出会い

例えば東日本でいうなら東京は、日本に高級食材を食べることも下町で生まれたもんじゃ焼きを食べることもできる。
また隣の県とのアクセスも良いことから、外国人に人気の横浜中華街や子どもも喜ぶディズニーリゾートなど見て楽しむものもありつつ、雰囲気があってこその味覚もたくさんある。

西日本でいうなら大阪は、お好み焼き・たこ焼きを食べたり通天閣に行ったり、日本中探しても同じメニュー・雰囲気はない。
個性溢れる街ならではのこだわりがそれぞれにある。
暖かい気候ならではの特産品があるので他と同じように思えても実際に行くとインターネットに情報がでていない掘り出しもののグルメも混在している。
また、四季に合わせた料理もそれぞれ違うからぶらり旅には相応しい楽しみ方だ。

人との出会い

それぞれの旅先にはさまざまな出会いがあるが、人との出会いもたくさんある。
目的地に住む人やお店のスタッフなど、一期一会が旅にはある。
こちらも例えていうと東日本は、謙虚な人が多いと言われ、道が分からなくなっても親切に教えてくれる人が多いだとか。
街並みも落ち着いた雰囲気なので気取らずに散歩するのも良さそう。
逆に西日本には陽気な人が多いので、いろんなことを教えてくれながらも初めましてを感じさせないアットホームで陽気な雰囲気を感じられるだろう。
特にお店のスタッフとの出会いは旅行客にとってリアルで確実な情報を入手できるので、街の住人しか知らない貴重な体験ができるかもしれない!
そう考えると旅行のガイドブックよりも面白いことが起こりそうで期待も高まるだろう。


この記事をシェアする